[an error occurred while processing this directive]
Contents
Sambaとは?
Samba日本語版
ドキュメント
技術情報
紹介&リンク
Community
プロジェクト
メーリングリスト
イベント
ユーザー会
etc...
お問合せ
ご支援・ご協力
日本 Samba ユーザ会 (Samba Users Group Japan)

Samba 3.0 の初めての安定版リリースが入手可能になりました

 Samba Team は、Samba 3.0 コードベースの初の公式リリースが実現したことを誇りに思います。

主要な新機能

  1. Active Directory サポート: Samba 3.0 では、Active Directory のレルム (Realm) にメンバサーバとして参加し、LDAP/Kerberos を用いてユーザを認証することが可能となりました。
  2. Unicode サポート: Samba はネットワーク上の文字コードとして Unicodeを用いるようになりました。Samba 内部についても、マルチバイト文字やUnicode の文字セットを使用する上でより良い構造を実現しています。
  3. 新しい認証システム: 従来の認証システムはほとんど完全に書き直されました。内部的に多くの変更が行われ、新しい認証システムは、柔軟な設定が可能になっています。
  4. 新しいファイル名の短縮 (mangling) システム
  5. 新しく net コマンドが追加されました。これは Windows の net コマンドと類似しています。今後は、現在多く存在しているユーティリティコマンド(smbpasswd など) を net コマンドのサブコマンドにするのを予定しています。
  6. Samba はネットワーク上で NT 形式の status32 コードを用いるようになりました。これによりエラー処理機能が非常に向上しました。
  7. プリンタの属性の Active Directory への公開を含めて、Windows 2000/XP/2003 の印刷システムのサポートが改善されました。
  8. バックエンドのパスワードデータベースと文字コードセットのローダブルモジュールが新規にサポートされました。
  9. パフォーマンス向上の為、新規に標準でwinbinddのdual deamonモードがサポートされました。
  10. ユーザ、グループ、ドメイン SID を保持したままでの Windows NT 4.0 ドメインから Samba のドメインへの移行がサポートされました。
  11. Windows NT 4.0 ドメインコントローラとの信頼関係の締結がサポートされました。
  12. SID と uid/gid のマッピングの格納に LDAP ディレクトリを用いることによる分散 Winbind アーキテクチャが初めてサポートされました。
  13. Samba のドキュメント構成が刷新されました。
  14. Windows 2003 のデフォルトのセキュリティ設定に対応するため、クライアントおよびサーバにおいて SMB 署名機能が完全にサポートされました。
  15. Andreas Gruenbacher 氏提供のコードをベースとして、ACL マッピング機能が改良されました。

 従来通り、すべてのバグは、我々に責任があります。

                                   --Enjoy
                                   The Samba Team

ミラーサイト: [ WWW: master ] [ FTP: ring | kddilabs | plathome | mex | master ]

Copyright © 1999-2016 日本 Samba ユーザー会 (Samba-JP)
2011-12-19 01:17:51 JST 更新