名前

samba — UNIX 用の Windows AD と SMB/CIFS ファイルサーバー

書式

samba [-D|--daemon] [-F|--foreground] [-i|--interactive] [-M|--model=MODEL] [--maximum-runtime=seconds] [-b|--show-build] [--no-process-group] [-d|--debuglevel=DEBUGLEVEL] [--debug-stdout] [--configfile=CONFIGFILE] [--option=name=value] [-l|--log-basename=LOGFILEBASE] [--leak-report] [--leak-report-full] [-V|--version]

説明

このプログラムはsamba(7)システムの一部である。

sambaは、Active Directory、ファイル共有と印刷 サービスをクライアントに提供するサーバーデーモンである。サーバーはファイルスペースと ディレクトリサービスを、SMB(あるいはCIFS)プロトコルおよび、その他の、たとえば DCE/RPC、LDAPとKerberosのような、関連するプロトコルを使ってクライアントに 提供する。

DOS向けMSCLIENT 3.0、Windows for Workgroups、Windows 95/98/ME、Windows NT、 Windows 2000/XP/2003、OS/2、DAVE for MacintoshとLinuxにおけるcifsfsを クライアントとしてサポートする。

サーバーが提供するものの、広範囲な説明は、それらのサービスの属性を制御する 設定ファイルのためのマニュアルページにある(smb.conf(5) を参照)。このマニュアルページでは、サービスについては説明せず、サーバーを 動かすことへの、管理的な観点に注力をおいている。

このサーバーを動かすと重大なセキュリティ上の影響があり、 smb.conf(5)マニュアルページには、インストールを 行う前に、きちんと読んでおくことが大事であるということに注意。

オプション

-D|--daemon

指定された場合、サーバーをデーモンとして動かす。 それゆえ、それ自身をデタッチし、バックグラウンドで動作し、 適切なポートのリクエストを処理する。デーモンでのサーバーの動作は、 簡単なファイルと印刷サービスより以上のものをサーバーが提供する、 sambaの、推奨動作方法である。 このスイッチは、sambaが、シェルのコマンドラインから 起動されたときの既定値である。

-F|--foreground

指定された場合、このパラメータは samba プロセスをデーモンにしない。 すなわち、2重フォークし、ターミナルとの関連付けを解除する。

-i|--interactive

指定された場合、シェルのコマンドラインからサーバーが 起動されたとしても、デーモンとしてではなく、"対話的に"サーバーを 動作させる。コマンドラインから動作させた場合、暗黙のデーモンモードを、 このパラメーターは反転させる。sambaはまた、 -Sが与えられたように、ログを標準出力に出力 する。

-M model|--model

このパラメーターはSambaが使う"プロセスモデル" を指定するのに使われる。これは、どのようにクライアントの同時処理を 行うかを決める。有効なプロセスモードには、single (すべてを単一プロセスで)、standard (Samba3と同様な動作)、thread (単一プロセスで異なるスレッド)が含まれている。 モデルは以下の通り:

  • single

    すべてのSamba プロセスをシングルプロセスで動作させる。 この設定は、運用時には非推奨である。

  • standard

    個々の Samba サービスごとにプロセスが生成され、 (現時点では LDAP と NETLOGON のみをサポートする)各サービスは、 新しいクライアントからの接続ごとに新しいプロセスが開始される。

    バージョン 4.10 まで、この方法は Samba の標準的な 動作であった。このモデルは、クライアントからの大量の接続が あった場合、リソースを大量に消費する可能性があることに注意。

  • prefork

    既定値。個々の Samba サービスごとにプロセスが開始され、 (現時点では LDAP、NETLOGONとKDCのみをサポートする)一定数の worker プロ セスが開始される。 その後、クライアント接続は worker プロセス間で共有される。 prefork をサポートしないサービスに対する要求は、 そのサービスに対応する単一のプロセスにより処理される。

    起動時の prefork worker プロセス数は smb.conf(5) パラメータ prefork children で制御され、 既定値は 4 である。

--maximum-runtime=seconds

自動終了までの、サーバープロセスが動作する最大時間を 秒単位で指定する。

-b|--show-build

どのようにSambaが構築されたかの情報を表示する。

-d|--debuglevel=DEBUGLEVEL

level は0から10までの整数値である。 このパラメータが設定されていない場合の規定の値は、0 である。

この値を大きくするほど、サーバーの動作に関するより詳細な情報が ログファイルに記録される。レベル 0 では、致命的なエラーと重大な警告 のみが記録される。レベル 1 は日々の運用に適しており、少量の稼働状況 に関する情報を生成する。

1 より上のレベルは大量のログが生成されるので、問題解決の時にのみ 使用すべきである。 3 より上のレベルは開発者だけが利用するように設計されて おり、莫大な量のログデータが生成される。そのほとんどは非常に謎めいた内容 となっている。

このパラメーターの指定は、${prefix}/etc/smb.conf ファイル中の、 log level パラメーターの 指定よりも優先する事に注意。

--debug-stdout

このパラメータはデバッグ出力を STDOUT にリダイレクトする。既定では、 すべてのクライアントはログを STDERR に出力する。

--configfile=CONFIGFILE

サーバが必要とする詳細な設定を含むファイルを指定する。 このファイルには、サーバが提供するサービスに関する記述や、 どの printcap ファイルを使うかといったサーバ固有の情報が 含まれている。詳細については ${prefix}/etc/smb.conf を参照のこと。既定の 設定ファイルの名前はコンパイル時に決定される。

--option=<name>=<value>

コマンドラインから smb.conf(5) オプション "<name>" に値 "<value>" を設定する。 これはコンパイル時の既定値と設定ファイルから読み込まれた オプションを上書きする。名前または値に空白が入っていた場合、 引用符で --option=name=value 全体を囲む。

-l|--log-basename=logdirectory

ログ/デバッグファイルのベースディレクトリ名。拡張子 ".progname" が追加される (たとえば log.smbclient, log.smbd など)。ログファイルは クライアントによって削除されることはない。

--leak-report

終了時の talloc リークレポートを有効にする。

--leak-report-full

終了時の完全な talloc リークレポートを有効にする。

-V|--version

プログラムのバージョン番号を表示する。

-?|--help

コマンドラインオプションの要約を表示する。

--usage

簡単な使用法を表示する。

ファイル

/etc/rc

またはシステムが使う何らかの初期化スクリプト。

もしも、システム起動時に、サーバーがデーモンとして動いているならば、 このファイルはサーバーに対する適切な起動シーケンスを含んでいる必要がある。

/etc/services

もしも、サーバーがinetd 経由のメタデーモンとして動いているならば、このファイルは サービス名(たとえば netbios-ssn)とサービスポート(たとえば139)および プロトコルタイプ(たとえば tcp)へのマッピングを含む必要がある。

/usr/local/samba/lib/smb.conf

これは、 smb.conf(5)サーバー設定ファイルの 既定値の位置である。その他、よく使われているこのファイルが インストールされる位置は、 /usr/samba/lib/smb.conf/etc/samba/smb.confである。

このファイルはサーバーがクライアントに対して提供する すべてのサービスを記述する。より詳細な情報については smb.conf(5)を参照のこと。

診断

ほとんどの、サーバーによって引き起こされる診断結果は指定された ログファイルに記録される。ログファイルの名前はコンパイル時に決まるが、 コマンドラインで上書きできる。

有効な診断の数と情報は、サーバーによって使われるデバッグレベル に依存する。もしも何らかの問題があった場合、デバッグレベルを3にし、 ログファイルをよく調べること。

ほとんどのメッセージは読むだけで意味が分かるようになっている。 残念なことに、このマニュアルページが作成された時点では非常にたくさんの 診断メッセージがソースコード上にあるので、おのおのについて説明できない。 この段階においては、ソースコードを検索し、今見ている診断を引き起こした 条件を探すことが一番の方法である。

バージョン

このマニュアルページは、Samba バージョン 4.17.0 用である。

参照

hosts_access(5) smb.conf(5), smbclient(8), samba-tool(8), smbd(8), nmbd(8), winbindd(1), と、 Internet RFCであるrfc1001.txt, rfc1002.txt。 さらに追加すると、CIFS(SMBの発展形)仕様が http://www.samba.org/cifs/Webページからリンクされている。

著者

オリジナルの Samba ソフトウェアと関連するユーティリティは、 Andrew Tridgell によって作られた。 Samba は現在 Linux カーネルが 開発されているような方法での オープンソースプロジェクトである Samba Team によって開発されている。

日本語訳

このマニュアルページは Samba 4.15.0 - 4.17.0 に対応する。

このマニュアルページの Samba 4.0.0 - 4.17.0 対応の翻訳は、太田俊哉 (ribbon@samba.gr.jp) によって行なわれた。